借地権の売却って難しいの?

借地権の売買で覚えておいて欲しい事

借地権という言葉をご存知でしょうか?この借地権とは、その名の通り土地を借りる権利の事で、土地を借りて、その上に家などの建物を建設できる権利です。
この借地権が無いと、建物が建った後に土地を返して欲しいと言われたら建てた建物を取り壊さなければいけません。
そのため、いつまでは土地を返済せずに借り続ける権利という立ち位置が借地権になるのです。借地権には、賃借権、地上権、永小作権、地役権、使用借権といった種類があります。

注意したい借地権の単独売買について

借地権はそれだけですとほとんど買値が着きません。土地の値段が3000万円で、相続税の場合に底地50パーセント、借地権50パーセントだった場合には、売却金額は1500万円になると考えると思いますが、実際には借地権だけで売却した場合には半額以下になってしまうケースが多くなっております。
借地権だけですと、土地はいずれ返却しなければいけませんし、底地だけですと土地を持っていても土地の上に立っている建物を取り壊して自分の好きなように使用する事が出来ません。
どうしても不自由な土地になってしまうのです。そのため、借地権だけではかなり損をしてしまうのです。

借地権の単独売買が安い理由とは

借地権の単独売買が安い理由としては、地主さんに地代を支払ったり、契約更新費用などよけいな出費がある事と、仮に建物を建て替えるような場合には、地主さんの許可がないと建てられないなどの不自由な面が出て来てしまいます。
金銭面の負担と何かする度に、いちいち地主さんに許可をとらなければいけないという問題がある為に、どうしても借地権の単独売買は値段が付きにくくなっているのです。

借地権の売却

基本的に借地権は一般人同士での売買はありません。あったとしてもかなりレアなケースとなっております。借地権は不動産会社に一人で売りに行く場合と、地主さんと共同で売買するとでは値段が大きく変わってきます。
この辺りは非常に難しい問題ですし、大金が絡む事になりますので、できれば借地権の売買に詳しい専門家の方を交えて売買するのがおすすめです。

また、借地権の売買をする場合には、確実に土地、建物などとセットで売却するのがおすすめです。仮に借地権を単独で売買しようと思っている方は、思いっきり買い叩かれてしまう可能性や、中々買い手がつかない事を頭に入れて売買にチャレンジする必要がある事を頭に入れておいてください。

借地権の事に関して詳しく載っているホームページがありました。

http://www.c21mercury.com/

無料相談、相談実績も年間1000件、借地権の買取実績も公表している会社です。実績数も豊富なので借地権の売買やトラブルでお悩みの方は一度相談してみてはいかがでしょうか?