安定した収益を得るための方法

不動産投資で安定した収入を

金利が低い時代が続いている2017年の3月現在、日本国内において、安定した利益を得る事ができると人気になっているのは不動産投資です。
不動産投資やアパート経営などは派手な利益は有りませんが、将来にわたって安定した収入を得る事ができるというメリットがあります。
もちろん、投資ですから全員が全員とも利益を上げる事ができるわけではありませんが、しっかりと不動産投資についての理解度を上げれば安定した収入は難しい事ではありません。

不動産投資は安定した収益を見込める数少ない投資です

投資は不安定なものですから、どうしても無理して収入を得ようと思ったら損をしてしまう可能性も視野に入れなければいけません。
しかし、投資の中でも安定感抜群なのが不動産投資で、一番最初の投資をする段階で、いかに魅力的な投資目的を見つけられるかという問題さえクリアしてしまえば、そのあとは、長期にわたって安定した収益を見込む事ができます。
FXなどはそれこそ毎日のように一喜一憂しながらになりますので非常に手間がかかる投資です。FXと比べたらかなり安定した投資だと言えます。
もちろん地震などで建物が突発的に劣化する可能性もありますが、他の投資と比べたら微々たるものです。

なぜ安定した収入を見込めるのか

どうして不動産投資は安定した収入がみこめるのかというと、不動産投資の収入源が家賃収入だからです。基本的な賃貸契約は2年という縛りがあります。そのため、2年の間は毎月決められた収入があると言う事になります。
一般的なお金を払って買い物をするような商売とは違い、毎月決められた収入を得る事ができるのが不動産投資のメリットだと言えます。2年を超えても賃貸契約を更新する方も多いので、長期的で安定した収入が得られるという事なのです。

安定した収入を得るために

安定した収入を得るために重要になってくるので、他のライバル賃貸物件との差別化です。
特に需要と供給のバランスが崩れていて、空き物件が多いようなエリアでは、他の不動産との差別化をしっかりと行わないと安定して入居者を確保するのが難しくなってしまいます。
一定期間の賃料を無料にしたり、ウォシュレットをつけたり、ペット可にしたり、家賃をまとめて支払うと一定の割引があったりなど他の不動産物件でしていないようなサービスを追加すると、入居率があがります。
最初に利用者をしっかりとつかむサービスを展開すると安定した収入を維持する事ができますのでおすすめです。

利回りを考慮した不動産経営

不動産投資を成功させるために

2017年の3月現在、金利がとても低い為、銀行にお金を預けていてもお金を増やす事は難しくなっております。
そこで、銀行でお金を寝かせておくのではなく、積極的に投資などによって資産を増やそうという動きが出ているのです。
そんな方の中でも特に注目されているのが不動産投資です。

不動産投資を成功させるためには

不動産の投資によって資産を増やそうとするのであれば、確実に利益のでるであろう不動産に投資する必要があります。
そのためには、不動産の利回りについての知識は必須です。もし、しっかりと利回りについての知識がない状況で不動産投資を行ってしまったら、カモにされてしまい大きな損失を出してしまう可能性があります。
1円でも多くの利益を出したいのであれば、利回りについての知識は必須になります。

物件の優劣を把握する

利回りとは、基本的にある決められた期間でどれだけ利益が見込めるかの指標です。
不動産に対してどれだけ支出して、どれだけ回収できるのかは投資をする上で最も重要になります。

利回りには表面利回りと実質利回りとがあり、大まかに収益力を把握するなら表面利回りを使用して、より正確な利回りを知りたいという方の場合には、実質利回りを参考にする必要があります。
表面利回りは、年間収入を購入価格で割った値になります。ある程度の予想がつくために不動産に投資する際の参考になります。
これに対して実質利回りは、家賃収入などから支払わなければいけない固定資産税や火災保険料、賃貸管理費、建物管理費、修繕積立金の他に、不動産会社に支払う費用などを引いた純粋な金額を購入費用で割った数値になります。
管理費やその他のランニングコストも引いて計算しますのでより正確な数値で判断する事が出来ます。

空き室物件の利回り

空き室物件の場合には、現在、利益が発生しておりませんので、あくまで想定の家賃になります。その場合には、家賃を近隣エリアの相場と比較した上で決定する事が重要になります。
仮に不動産会社が提示している家賃が周辺相場よりも高い場合には、実際に投資した後に利率は下がる事になります。また、その物件に長く住んでいる方がいるような場合には、住み始めた、まだ綺麗な状態の不動産価値を元に算出されている可能性がありますので同じく注意が必要になります。
冷静な目で判断する事はもちろんのこと、色々な不動産をチェックして、不動産の優劣を見分ける目を養う事が重要になります。

年収との兼ね合いを見ながら返済額を決める

住宅ローンの金額設定は適切な返済額を

憧れのマイホームを購入する場合には、一括での購入は難しく90パーセント以上の方が住宅ローンを利用してマイホームを手に入れています。
ローンを組めば貯金では買えないような家も購入する事ができますので、理想の住まいを手に入れる事が出来るようになります。
しかし、お金を借りる金額も無限ではありません。銀行も返済が可能と思われる金額しか貸してくれませんし、限界まで借りてしまうと返済がとても苦しくローン地獄に陥ってしまう可能性もあります。

借入限度額は返済可能金額とは全く違う

住宅ローンを借りて家を建てた人100人の中でローン破綻する方は1人弱といったデータがあります。
そのため、しっかりと身の丈にあった金額を借りるように注意する必要があります。
その際に重要になっているのが借入限度額と返済可能金額です。借入限度額は銀行から借りる事ができるマックスの金額です。
住宅ローンを申し込んだ年齢、返済負担率、担保評価だけでなく、年収や勤続年数、家族構成、他に借りている金額の有無などによって貸してくれる金額が上下します。
これに対して返済可能金額とは、これから住宅ローンを利用するにあたって、毎月の支払いを無理なくでき、返済においてストレスを感じずに生活する事ができる金額になります。
住宅ローンがあるから買うのを諦めるなどの会話が頻繁に起こると精神的にも苦しくなるので、借入限度額よりも返済可能金額に注目して住宅ローンを考えている方が増えております。

ライフプランとキャッシュフローを作成しよう

自分が将来的にいくらくらいの借入金額でしたら負担なく幸せに過ごせるのかを即答する事ができる方は皆無です。
その為、シミュレーションを行い自分がどのくらいの金額だったら返済できるのかをしっかりと考える必要があるのです。
その為に作成するのがライフプランとキャッシュフローです。
ライフプランはこれからの人生の希望やイベントを記入して作成します。例えば子供を二人欲しい、子供は両方とも私立、子供の結婚の時のお祝い金として200万円よういしたい、年に一回は実家のある北海道に旅行などありとあらゆるプランを書きだしてどの程度のお金が必要かを計算します。
キャッシュフローは、ライフプランを参考にどれだけお金がかかっているのかを算出する物です。実際に私立に通わせた時に必用になる金額であったり、車の購入金額、旅行の費用など考えられる部分を算出して、計算します。
キャッシュフローを算出する事によって、ある程度の返済可能金額が算出できますので住宅ローンの借入金額の参考にします。

不動産購入の流れ

不動産を購入しようと思ったら

結婚をしたり、子供が出来たり、引っ越したりなどの人生の節目に不動産を購入される方も多いのですが、とにかく金額が大きいので尻込みしてしまっている方も多いと思います。
そこでこちらでは、不動産を購入する流れを簡単にですがご紹介します。現在、不動作の購入を具体的に考えている方も、将来的に不動産を購入しようと思っている方も、ぜひチェックしてみてください。

沢山ある不動産の中で

まずはどのような物件を購入するのか検討します。マンションなのか一軒家なのか、間取りはどんな物なのか、どのエリアなのか、予算はいくらくらいなのか、いつ頃に引越す予定なのかなどをしっかりと検討する事が重要になります。
狙っているエリアの同程度の不動産をチェックする事によって、相場がわかりますので、その相場を元に予算を決定し、預貯金の額であったり、住宅ローンなどで大体借りる事ができる金額を算出した上で、購入する不動産の予算を決定する事が重要になります。
予算とエリアをある程度設定すれば、選択肢も絞る事ができますので迷わずに決定する事ができます。

物件購入予約

良い物件を見つけたらすぐに購入予約をしてください。特に新築マンションなどは人気が高く、高層階は需要が高くなっておりますので、これという物件を見つけたらなるべく早目に申し込みを行って下さい。
先着順ではなく、抽選の物件もあります。このような物件の場合には急がず、登録期間を使って熟考した上で登録するようにしてください。
ただ、この時に注意して欲しいのが、購入しようと思っている不動産によっては申込証拠金が必要になり、20,000円から100,000円程度のお金を準備しておく必要があります。
この申込証拠金は、購入する事になれば手付金の一部に充当されますし、購入に至らなければ返金されますので安心してください。

購入する事が決まったら

購入する事が決まったらいよいよ契約です。契約前に重要事項の説明を受け、しっかりと内容が確認できれば不動産の売買契約を結びます。
その際に、購入した不動産金額の10パーセントから20パーセントくらいの手付金も準備しておくようにしてください。
その後、住宅ローンを使用する場合には、住宅ローンの正式な契約を結びます。この時に住宅ローンが使用できないなんて事にならないように、事前に金融機関や保証期間の審査を受け、融資が承認されてから契約するのがポイントになります。
その後、不動産の登記手続きが完了したら、購入した不動産に引越して新生活を送る事になります。

住宅ローンの賢い選び方

住宅ローンを選ぶ前に知っておいて欲しい事

住宅ローンは、その名の通り、住宅を購入するために融資してもらうローンの事です。不動産の購入はかなり大きな金額になりますのでとてもじゃありませんが一括での購入は難しくなっております。家を買いたいと思っていても、自分の貯金だけではどうにもならないという方のために、融資してくれる金融商品が住宅ローンになっております。住宅ローンは様々な金融機関が用意しており、その中から最もお得な住宅ローンを選ぶ必要があります。

住宅ローン選びは超重要です

住宅ローンは借り入れる金額がとても多いのでしっかりとローン商品を選ぶ必要があります。基本的には金利が安ければそれだけ支払う金額も少なくなりますし、借りる事ができる予算も増えますので金利をベースにしっかりとローン商品を探すのがおすすめなのですが、金利だけに注目していると大きな一杯をしてしまいますので要注意です。実は住宅ローンの場合には、最初から最後まで同じ金利で借りる事ができる全期間固定型意外に、最初の金利は安いけど徐々に金利が上がっていく変動型や、一定の期間の金利は安いけど、その期間が過ぎたら割高になってしまう固定期間選択型などが金利が変更する住宅ローンもあるのでその辺りにも注意が必要になります。

住宅ローンの種類から

住宅ローンを利用する場合には、住宅ローンの種類もしっかりと把握している必要があります。全期間固定型のフラット35は、最初から最後まで同じ金利の住宅ローンですが、この金利は金融機関で自由に設定しても良い事になっておりますので、同じフラット35だとしても金利が異なりますので慎重に比較する必要があります。他にも借入手数料にも差がありますので、トータルでいくら返済しなければいけないのかをしっかりと確認する事が重要になります。

融資の実行日にも注目

不動産を購入する事になったら住宅ローンがいつから利用できるのかにも注目です。基本的には物件購入の残金決済と、融資実行のタイミングを合わせないと大変な事になってしまいます。特に自分で住宅ローンを申し込むような場合には、残金決済時に融資をしてもらえるのかの確認を取った上で融資を申し込む必要があります。また、中古住宅を購入し、リフォームする料金の融資を受ける場合には、リフォームが完成した時にフラット35からの融資は実行されますので、それまでの期間においてはつなぎ融資を受ける必要があり、この部分もしっかりと確認しておく事が重要になります。