不動産売却の流れ

覚えておいて欲しい不動産売却の流れ

子供が独立したので、広い家を売却して利便性のよい場所のマンションに引っ越したい。定年をむかえたので便利だけど騒々しい都心から、ゆったりとした郊外に住み直したい時など、所有している不動産の売却を考える方が増えております。そこでこちらでは、覚えておいて欲しい不動産売却の流れについてご紹介します。

先ずは売却する理由を明確にする

不動産を売却する為には、売却する理由を明確にする必要があります。例えば家族構成の変化であったり、ライフスタイルの変化、経済的な理由など一言に不動産を売却するといっても様々な理由があります。ただ何となく不動産を売却するのではなく、しっかりとした理由を確認してから売却活動をする事によって、売却する具体的な理由であったり、何時頃までに売却しなければいけないのかや、いくらくらいで売却しなければいけないなどより具体的な目的意識を持つことができます。

売却する前に行うこと

最初に売却する不動産と同じエリアの同じ規模の不動産をチェックして、相場を確認する事が重要になります。ある程度、売却する相場の確認ができたら信頼できる不動産会社を見つけてください。不動産会社は沢山ありますので色々とチェックする事が重要になります。その後、信頼できる不動産会社が見つかったら不動産の査定を依頼します。この査定金額は不動産会社によって大きく差が出てきますので複数の不動産会社にアイミツをとってもらうのがおすすめです。納得する査定金額を提示してくれた不動産に仲介を依頼する媒介契約を結びます。

いよいよ不動産を売りだします

不動産会社と媒介契約を結んだらいよいよ本格的に購入者を探します。しかし、探すといってもその辺りはすべて不動産会社にお任せできます。売り出し金額はかなり重要になってきます。自分の希望、周りの不動産の相場、不動産会社の意見などを参考に決定してください。その金額で購入希望者がみつかったら、不動産の情報をできるだけ正確に開示します。その開示した内容で購入希望者が納得すれば売買契約を結び不動産を引き渡します。

売却と新居探し

不動産を売却作業に入りながら新居の購入する場合には、購入時期の調整が重要なポイントになってきます。購入を先に検討する場合には、こちらのペースで探す事ができますが、売却してからその金額を頭金などにして購入する場合には、全く先が見えません。その辺りも不動産会社とのミーティングである程度の目安を決めて動きましょう。

One Reply to “不動産売却の流れ”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *